各種資料

りあんについて

人と支援をつなぐサポートファイル

サポートファイル「りあん」は、ご家族の方がお子さんの状態や今まで利用してきた支援内容などを「記録・保管」するファイル形式の「記録ノート」です。

「りあん」とはフランス語で「絆」を意味しています。つながりを広げながら、よりよい支援に役立てていけることを願って、北九州市や北九州市発達障害者支援センター、関係機関の皆さんと作成したものです。

「りあん」はご家族が記入し、ご本人の所属機関(幼稚園や学校、施設等)やヘルパー事業所等関係機関に提示することで「本人に関する正確な情報」の伝達が図られ、ライフステージを通して一貫したよりよい支援が利用できるようにするためのものです。

また、所属機関の支援計画書等も一緒に保管することができます。

北九州市や北九州市発達障害者支援センター及び関係機関は、発達障害がある、もしくは発達面が気になるお子さんやご家族の方が安心して生活できる地域づくりを推進していくために多くのご家族の方に「りあん」を使用して頂ければ幸いと考えています。

基本セット

A4版のリングファイルに、用紙を縦につづって、利用していくことを想定しています。必要な箇所をご使用ください。

記入の仕方 

記入例を作成しました。一部、未記入の箇所もありますが、記入の際の参考にされてください。

「りあん」を活用した
アセスメントツールについて

サポートファイル「りあん」は、所属機関の職員が、ご本人の状態を整理するためのアセスメントツールとしても、活用が可能です。

「りあん」には、観察によるアセスメントに必要な項目を、記載していますが、所属機関によっては不足している情報があると思います。自由にアレンジして、ご使用してください。また、手引きには、発達障害のある方を評価するときのポイント等を記載していますので、参考になれば幸いです。

表紙のページには、評価者や、評価年月日を記載しておくと、担当者や所属機関が変わった時にも役立ちます。また、訂正するときに、残しておいた方が良い情報は、備考欄に転記したり、色を変えて修正するなどすると、変化を追いやすいでしょう。

つばさまでご連絡いただければ、つばさの職員が訪問させていただき、使用方法について説明いたします。

「りあん」を活用した
アセスメントツール
(放課後等デイサービスなど学齢期を対象)

各種資料

つばさ主催の講演会の記録や資料を掲載します。ご活用ください。

平成29年度 実践報告会発表者資料

2018年2月11日に北九州市学術研究都市で行われた実践報告会での発表者資料を掲載しました。

一部、内容を変更しているものもあります。なお、ホームページへの掲載の許可については、発表者等の了解を得ています。

学校での取り組み
福祉施設・家庭での取り組み

平成30年度 北九州市発達障害者支援モデル事業

1.アセスメントツール開発
2.行動問題家庭支援